• No : 5490
  • 公開日時 : 2022/08/19 14:30
  • 印刷

【セキュリティ】三井住友銀行からメールが届きました。本当に三井住友銀行から送信されたものですか?

回答

受信したメールの送信元のご確認方法や対処方法については以下をご確認ください。

なお、ショートメッセージ(SMS)のご確認方法等については【セキュリティ】三井住友銀行からショートメッセージ(SMS)が届きました。本当に三井住友銀行から送信されたものですか?をご確認ください。

  • 当行の公式メールであることはメールの内容、送信元のメールアドレス、電子署名の有無、本文に記載されているURL等でご確認いただけます。
    くわしくは下記をご確認ください。
  • メールの内容
    当行から、お客さまの不安を煽り、手続を促すようなメールを送信することはありません。
    以下のようなメールを受信した場合は、ただちにメールを削除してください。
  • 利用再開や制限解除の手続を促すメール
例)
不正利用の懸念があるため一時停止を行いました。以下のURLから再開手続を行ってください。
例)
お客さまのお取引を規制させていただきました。以下のURLから規制を解除してください。
  • お支払のキャンセルを促すメール
例)
Amazonでの高額利用を検知しました。本人以外のご利用の場合、以下のURLからキャンセルをしてください。
  • 個人情報の確認を促すメール
例)
システムアップグレードを行いました。ご登録された個人情報に間違いがないか以下のURLからご確認ください。
  • 不審なメールを受信した場合の対処方法
    以下をご確認ください。
  • 不審なメールを受信した場合は、閲覧せず、メールを削除してください。
  • メールを閲覧した場合は、URLや添付ファイルを開かず、メールを削除してください。
  • URLをクリックした場合は、口座番号、暗証番号、電話番号等の個人情報を入力せず、ブラウザページ、メールとも削除してください。
  • 不審なサイトに情報を入力した場合の対処方法
    不審なサイトに、銀行口座や各種カードのカード番号、暗証番号、電話番号等の個人情報を入力された場合は、すみやかに専用ダイヤルにお問い合わせください。利用停止手続を承ります。
    なお、入力された情報によって受付窓口が異なります。下表にて専用ダイヤルをご確認の上、お問い合わせください。
■関連ページ