• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくあるご質問

『 ためる・ふやす 』 内の回答

検索結果64件中 41 - 50 件を表示

< 前へ 5 / 7ページ 次へ >
  • 個人向け国債を売却した代金はどのように受け取るのですか?

    お手続日を含めて4営業日目以降にあらかじめご指定の口座へ自動的に入金されます。 個人向け国債に関する留意点について 詳細表示

    • No:576
    • 公開日時:2007/01/31 15:50
    • 更新日時:2020/01/08 08:40
  • 金の価格はどこで決まるの?

    金の取引は、東京、香港、チューリッヒ、ロンドン、ニューヨークなどをはじめとする世界各地の市場で行われております。中でも金現物の指標となる価格を決定するのが、ロンドン金市場です。 実際の販売価格や買取価格は金市場の価格をもとに決められます。価格の発表は1日1回と決まっているわけではなく、1日数回発表(見直し)... 詳細表示

    • No:478
    • 公開日時:2016/06/01 00:00
  • 保有している個人向け国債を一部売却はできますか?

    1万円単位で一部売却いただけます。ただし、一部売却は発行から1年を経過した銘柄に限ります(注)。 (注) 5年物については、平成24年4月16日受渡分(平成24年4月11日約定分)から適用します。それ以前の取引については、発行日から2年未満の中途換金は原則できません。 個人向け国債に関する留... 詳細表示

    • No:577
    • 公開日時:2007/01/31 15:53
  • 外債(利付債)に関する税制について教えてほしいのですが?

    債券の利子に対しては、20.315%(所得税 15.315%、地方税 5%)の申告分離課税の対象となります(申告不要を選択することもできます)。 また、債券の譲渡損益、償還損益に対しては、20.315%(所得税 15.315%、地方税 5%)の申告分離課税の対象となります。 ※上記は、2016年1月現在のもの... 詳細表示

    • No:516
    • 公開日時:2016/01/01 00:00
  • 金に利息はつくの?

    金に利息はつきません。金の現物は価格の安いときに購入して、価格が上がったときに売却すれば差額を利益として手にすることができます。ただし、店頭販売価格と店頭買取価格にはそもそも差があるため、購入時と売却時の相場環境が同じであっても、その差額分は損失となります。くわしくは、窓口までお問い合わせください。 詳細表示

    • No:151
    • 公開日時:2009/03/30 13:34
    • 更新日時:2020/01/08 08:40
  • 利金(クーポン)の受取は円貨、外貨のいずれかを選択できますか?

    ご選択いただくことが可能です。外債をご購入ごとに、円貨受取か外貨受取のいずれかを選択いただきます。ただし、円貨建ての商品は円貨受取のみとなります。 なお、外貨受取を希望される場合には、当該通貨の外貨普通預金口座が必要になります。 証券仲介に関する留意点について 詳細表示

    • No:518
    • 公開日時:2007/01/31 15:41
    • 更新日時:2020/01/08 08:40
  • 購入した外債を償還前に売却できますか?

    可能です。ただし、インターネットでのご売却はできません。なお、債券によっては、償還日から起算して約2週間前から売却ができない等、売却期間に制限があります。くわしくは銀行の窓口までお問い合わせください。 証券仲介に関する留意点について 詳細表示

    • No:517
    • 公開日時:2007/01/31 15:40
    • 更新日時:2020/01/08 08:40
  • フォアナインとは?

    純度99.99%を示しています。24金もしくは純金ともよばれます。 詳細表示

    • No:475
    • 公開日時:2007/01/31 19:13
    • 更新日時:2020/01/08 08:40
  • 投信口座を新しく開設できますか?

    インターネットバンキング、店頭で開設できます。 すでに投信口座をお持ちのお客さまは、新たに投信口座を開設いただけません。 くわしくは、こちらのページをご覧ください。 投資信託に関する留意点について 詳細表示

    • No:445
    • 公開日時:2019/03/18 07:00
  • 申し込んだ注文を取消することはできるの?

    投資信託には、クーリングオフの適用はありません。 ただし、ご注文の手続日の受付時限までであれば取消が可能です。 ご注文の取消には、ご注文の手続日の受付時限までにご本人による所定の手続が必要です。窓口でご注文された場合は、ご本人がお届け印を取引店にご持参のうえ、手続を行ってください。 受付時限を超える... 詳細表示

    • No:828
    • 公開日時:2007/02/01 16:54

検索結果64件中 41 - 50 件を表示

その他ご不明な点は、電話やインターネットで相談もできます。