• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくあるご質問

『 ためる・ふやす 』 内の回答

検索結果66件中 21 - 30 件を表示

< 前へ 3 / 7ページ 次へ >
  • 金は大きい方が有利なの?

    金の現物の売買の際の手数料は1本ごとにかかります(三井住友銀行の場合は、サイズに関わらず1本ごとに6,480円(消費税含む)がかかります)ので、大きい方が手数料が比較的少なくすむというメリットがあります。しかし、逆に小さいサイズのバーの方が持ち運びなどを考えて使い勝手がよいという考え方もあります。目的に合わせたサ...

    • No:473
    • 公開日時:2014/04/01 00:00
    • カテゴリー:
  • 金を売却する際にかかる手数料は?

    三井住友銀行の商品でいえば、以下の手数料などがかかります。 金地金取扱手数料  6,480円/本 金保護預りからの金売却手数料  2,160円/回 金保護預りからの金地金引き出し手数料  6,480円/本 平成28年6月1日現在の手...

    • No:390
    • 公開日時:2016/06/01 00:00
    • カテゴリー:
  • 利金はいつ支払われるのですか?

    毎年、発行月および発行月の6ヵ月後の各15日にご指定の口座へ自動的に入金されます。(第1~12回個人向け国債(変動・10年)については各10日の入金となります。) 個人向け国債に関する留意点について

  • 三井住友銀行では外債に関し、どのような商品を取り扱うのですか?

    海外の金融機関等を発行体とする売出外債、米国債等の既発外債等をお取り扱いしております(外債は店頭のみでのお取扱となります)。 証券仲介に関する留意点について

  • 特定口座の開設は可能ですか?

    可能です。ただし、すでにSMBC日興証券に特定口座をお持ちのお客さまは、当行の金融商品仲介で特定口座を開設できない場合があります。 証券仲介に関する留意点について

  • 年内のNISA非課税枠の利用は、約定日が基準でしょうか。

    いいえ、受渡日が基準です。たとえ約定日が年内であったとしても、受渡日が翌年になるお取引の場合は、年内の非課税枠を利用した取引ではなく、翌年の非課税枠を利用した取引となります。 投資信託に関する留意点について NISAのこともっとくわしく Q&Aはこちら

    • No:1954
    • 公開日時:2016/07/27 00:00
    • カテゴリー: NISA
  • 外貨決済口座の登録とは何ですか?

    外国投信(外貨建ファンド)をご購入いただくために事前に行っていただく手続です。ご購入資金の出金口座、収益分配金の受取口座としてご利用いただく外貨預金口座を登録いただきます。 ご登録のお手続きはインターネットバンキングで行うことができます。 投資信託に関する留意点について

  • 個人向け国債はいつでも購入できるのですか?

    毎月ご購入できます。 個人向け国債に関する留意点について

  • 金の売買で得た「利益」には税金がかかるの?

    個人のお客さまの場合、金資産の取得・保有の状況、売買回数等、お客さまの状況によって所得の種類は分かれますが、譲渡所得、事業所得または雑所得となります。いずれも総合課税で、確定申告が必要です。ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方で、給与および退職所得以外の所得が売買益を含めて年間20万円以下の場合は、所得...

    • No:150
    • 公開日時:2009/03/30 14:25
    • カテゴリー:
  • 購入する投資信託(ファンド)を決めたけれど、どうすればいいの?

    (1)投資信託口座を開設していただきます。その際お渡しする「投資信託総合取引約款・規定集」をよくご確認ください。 投資信託口座開設時には、「投資信託総合取引約款・規定集」をお渡ししております。お客さまが取り引きをされるにあたっての当行との約束事を定めた重要な書類ですので、口座開設時には必ずご確認ください...

検索結果66件中 21 - 30 件を表示

その他ご不明な点は、電話やインターネットで相談もできます。